【仕立】柄合わせ優先・寸法優先


着物の仕立てでは、柄合わせが重要です。
柄合わせには、大きく分けて二つあります。

一つは、留袖・振袖・訪問着などのように、縫い目をまたいで、
一枚の絵のように柄がつながっていて、柄の位置が決まっているもの

二つ目は、小紋などのように、柄が連続していて、
どの場所にどの柄を出すかを選べる、柄の位置が決まってないもの。

そのため、留袖・振袖・訪問着などの場合、
柄の位置が決まっているため、特に身幅と裄において、寸法もある程度限定されます。
この時に、柄合わせを優先するか、自分の寸法を優先するか、選ぶことができます。

●柄合わせを優先した場合
背、上前、掛け衿はもちろん、脇、裄など全ての柄がピッタリ合うように仕立てられます。
絶対値ではありませんが、柄合わせ重視の場合、身幅は大きいことが多いです。
例えば、以下のような寸法で柄が合っていることが多く感じます。
・前幅 6寸5分 後幅 8寸
・肩幅 8寸ー8寸5分 袖幅 8寸5分ー8寸8分

以上の寸法とご自分の寸法が著しく違う場合は、柄合わせ優先だと着にくい感があるでしょう。

●寸法を優先した場合
寸法を優先しても、着て目立つところの柄はしっかり合わせていきます。
特に、背、上前オクミと前身頃、掛け衿と前身頃は、柄合わせを優先します。

逆に柄合わせが崩れるのは、脇の柄、裄の柄です。
柄合わせが崩れると言っても、雰囲気的につながって見えるような感じです。
着物の柄の雰囲気にもよっては、目立たないことも多いです。

以上のことと、自分で着物を着るのか、着付けの人に頼むのか、
といった条件も考え、どちらが自分に向くか判断されてはいかがでしょう。

コメントを残す