【仕立】必要な付属品


反物(表地)を仕立てに出すとき、反物だけでは着物にならず付属品が必要です。

●袷(あわせ)仕立
裏地の付いている着物で、10月から5月までの着物です。

—着物(長着)の場合—
・八掛け(裾回し)・・・・・・着物の下部分の色のある裏地
・胴裏・・・・・・・・・・・・・・・着物の上部分の白い裏地
*表地が薄い色、薄い素材の場合は、八掛けの色が透けやすいため、ぼかし八掛けがおすすめです。

—羽織・コートの場合—
羽裏・コート裏が必要です。
*表地が薄い色、薄い素材の場合は裏地が表に透けることがあるので色柄選びに注意が必要です。

●単衣仕立
透けない素材なら9月・10月、透ける素材なら7月・8月の着物です。
(現在は気温に応じて、前後することが多々あります)

—着物(長着)の場合—
以下の付属品が必要です
・裏衿・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・広衿仕立の場合
・居敷当(任意)・・・・・・・・・・・・お尻部分の強化(または透け防止)のため、お尻あたりにつける裏地。
(浴衣などはお尻部分だけ、単衣着物なら腰から裾まで、と2通りの付け方があります)

●襦袢仕立
袖が袷になっている無双袖仕立(10月ー5月)と、袖が単衣になっている単衣仕立(6-9月)があります。
任意で、以下の付属品を使うこともあります。
・衣紋抜き・・・・・・・・・・・・・・・・襦袢の衣文を抜きやすくする背中部分の腰紐通し
(透ける着物の場合は注意が必要です)
・居敷当・・・・・・・・・・・・・・・・・・お尻部分の強化のため、お尻あたりに付ける裏地。
(麻などご自宅での洗濯が前提なら、同素材での居敷当が好ましいです)

コメントを残す