タグ別アーカイブ: 無双袖・胴抜き襦袢

【仕立事例】無双袖・胴抜き襦袢

無双袖・胴抜き襦袢を仕立てました。
無双袖とは、袖部分が二重にして仕立ててある袖のことです。
胴抜きとは、胴部分は単衣で仕立ててる身頃のことです。
今は、袷着物に合わせる襦袢は、ほとんどがこのタイプです。
003
胴抜き仕立ではありますが、今回は居敷当を付けました。
襦袢の生地が薄い場合は、居敷当を付けたほうが生地の補強になります。

004

ご本人の希望で衣紋抜きは付けてません。
衣紋を抜くときに背の部分を引っ張ってお召しになるということで、
その部分が弱くならないように、
繰越揚げに「ぐし」と言う点々のシツケを入れました。
縫い目が二重になるので、補強になればいいなと思っています。

襦袢が着易いと、上に着る着物も着易くなります。
末永く着られますように。