タグ別アーカイブ: 寸法直し

【直し】寸法直し

着物のお直しは大きく分けて二つあります。
一つは「寸法直し」、もう一つは「かぶり(ふくろ)直し」です。

寸法直しとは、文字通り、寸法だけを変える直しです。
箇所としては、
・袖丈、袖幅、肩幅、などの袖関係、
・身丈、身幅、などの身頃関係
・褄下(衿下)、繰越、袖付けなどの指定部分
などがあります。

直らないものもある
直しをすれば寸法を変更できる、と思いがちですができない場合もあります。
例えば、以下のものは全部とは言えませんが、出来ない場合が多いです。
・古い着物の裄(袖幅・肩幅)、袖丈、身丈を、極端に大きくする場合
(袷の羽織丈・コート丈を長くする場合も、直しだけでは無理なことが多いです)
・裏地が紅絹などのアンティークで生地が弱っている場合

●直しに向いているもの
比較的新しいリサイクル着物の場合は、反物幅も広く裄直しにも対応できることが多いです。
ただお直しはお直しなので、生地によってはヤケが出る場合、縫い筋が消えない場合などあります。
そうした点を考慮することも大切です。

【直し】洗いが先か直しが先か

着物の寸法直しと、着物の丸洗いや生洗い。
両方を考えている場合なら、先に洗いをしたほうが良いと考えます。

今はクリーニングの技術も良くなっているそうですが、
袷などの裏地のある物なら、多少はつり合いが狂います。
それでも、洗い→寸法直し、の手順なら、
寸法直しでほどく際に、多少は狂いを直すこともできます。

また、襦袢など汗を吸ってるシワは、直りにくい特徴があります。
洗いの前に直しをすると、このシワが残ったまま直すことになり、
せっかくの寸法直しの際に、誤差も出かねません。

洗いと寸法直しで迷ったら、まずは洗って殻をおすすめします。