【寸法】抱き巾


着物の抱き巾は、胸あたりの前幅のことです。
仕立てるところにもよりますが、通常、抱き巾は前幅より狭い設定です。
狭くといっても「前幅-4分(約2cm)」とすることが多く、
この抱き巾だけ単独で狭くするということが、和裁では出来ません。
抱き巾は、後巾、特に肩幅との兼ね合いがあるからです。

逆にいうと、抱き巾の問題を考えるなら、肩幅のことも考えることが必要です。
ここでいう抱き巾の問題とは、着物の衿合わせの着にくさです。
「なんとなく衿がガバガバして着にくい」という問題は、抱き巾が原因の事が多いです。
例えば、
身幅は細いのに、手足が長く裄が大きい(肩幅が大きい)という体型の方に発生しやすい問題です。

そのような場合は、肩幅を見直すことを考慮するといいと思います。
具体的には、裄寸法自体を小さくするか、
または、肩幅の代わりに袖幅を広くするなどの対策があります。
若い方の振袖・または浴衣など、上にコート・羽織をお召しになることがないなら、
そうした対策も有効だと思います。



コメントを残す