【寸法】褄下(衿下)


褄下(つました)または衿下(えりした)は、着物の衿先から裾までの長さです。
この寸法の算出方法は、着物の身丈÷2+5分、が基準です。
4尺の身丈なら、2尺5分となります。
(基準値なので、お好みで変動します)

この褄下寸法ですが、着付けに影響を及ぼすこともあります。
それは、腰紐の位置、または、おはしょりの量と関係します。

例えば褄下が短いと、おはしょりの下から衿先が沢山出てしまいます。
逆に褄下が長すぎると、腰紐が衿先に上手くかからず、衿合わせの時着にくい感じになります。
以上の事からもわかるとおり、褄下の問題は身丈とも関係してきます。

ただ頂き物の着物などでは、身丈が出ないこともありますので
褄下だけの問題を、褄下だけで直すことは難しい場合もあります。
「なんとなく着にくい着物」は、部分直しではなく、全部を自分寸法にした途端、
あっさり解決することもあります。



コメントを残す