【寸法】袖丈


着物のお直しで多いうちの一つが、この袖丈です。
現在、標準として定着しているのが、1尺3寸(49cm)という長さです。
(背の大きさによっても多少の変動があります。)

アンティークやリサイクルの着物では、この1尺3寸以外のものも多々見受けられます。
背の大きめな方、若いお嬢さん、少しフォーマルな着物、だと長めにすることがあります。
逆に、背の低めな方、年配の方、普段着(どちらかというと生活着)、だと短めになります。
このような長めの袖丈や、短めの袖丈には、バランスを取るためにも、
好みで少し大きめの袖丸みが付きます。

●コート・羽織・襦袢の袖丈
着物は、襦袢や羽織・コートを重ねてお召しになるため、
着姿が美しくなるように、袖丈が以下のように変動します。
・襦袢袖丈・・・・・長着(着物)より-2分
・羽織袖丈・・・・・長着(着物)より-5分
(帯を締めると袖が上に上がるという理屈から短めにします)
・コート袖丈・・・・羽織袖丈より-2分



コメントを残す