【寸法】身丈(背から・肩から)


着物の身丈とは、着物の長さを示しますが、二通りの表記の仕方があります。

一つは、背からの身丈
これは、背中心の衿の付け根から、裾までの長さです。

二つ目は、肩からの身丈。
これは、肩山から裾までの長さです。

同じ着物でも、測り方によって長さの表記が違うことになります。
これは、繰越寸法と衿付け込みという寸法がかかわってくるのですが、
繰越5分で、衿付け込み5分の着物の場合、背からの身丈が4尺の場合
肩からの身丈は4尺1寸になります。
同じ着物なのに、・身丈(肩から) 4尺1寸 ・身丈(背から)4尺 となるのです。
1寸は約3cmですので、ご自分の寸法がどちらかを知っておくと良いと思います。

お店によっても、測り方がまちまちです。
表記があいまいなお店もあるので、肩からか、背からか、確認することをおすすめします。

個人的な見解として、絶対ではないのですが、
リサイクル店など出来上がりの着物を置いてる店は「肩から表記」、
昔ながらの呉服屋さんは「背からの表記」
が多い気がします。

恐らく、着物を畳んだ状態で素早く測れるのが「肩から表記」だからではないかと推測します。



コメントを残す