【寸法】繰越(くりこし)


着物の寸法の繰越(くりこし)とは、衣文を抜いて着た時に裾線が前後で狂わないようにするためのものです。

体型・年齢・好みによっても変わりますが、
以前は、繰越5分が一般的で、現在は7分が増えていると感じます。
一般的な方であれば、繰越は多くても1寸が最大でしょう。
(1寸を指定する方は稀です)

●繰越と着付けー着物(長着)・羽織・コート・襦袢ー●

ー着物(長着)の場合ー
衣文を抜いて着ようとすると、前身頃が後身頃に引きずられます。
すると前身頃の裾線が上がり、後ろ身頃の裾線が下がります。
着物(長着)の場合ならば、その誤差を「おはしょり」で調整して裾線を調整できます。

ー羽織・コートの場合ー
羽織やコートでは、その誤差を「おはしょり」で調整することができません。
例えば5分の着物(長着)でも多めに衣文を抜く方ならば、羽織・コートの繰越は長着の衣文の抜き方に合わせ多くする必要があります。そうしないと、前身頃の裾だけが上がってしまうからです。
そうした事態を防ぐために、前裾を長めに仕立てる「前下がり」という仕立方もあります。
(雨コートでは、前裾を踏まないように前下がりは原則付けません)
特に雨コートなどのように裾線が足元までの長さでは、着物(長着)を着て計測することが望ましいです。
ご本人の衣文の抜き具合に合わせて、コートの繰越を決められるからです。

ー襦袢の場合ー
襦袢の場合も同様です。
例えば5分の着物(長着)でも多めに衣文を抜く方ならば、身長で割り出して襦袢を仕立てても、
後身頃が必要以上に後ろにまわって、襦袢が長く感じてしまう事態になります。

襦袢や羽織・コートなど「おはしょり」のない物の場合は、繰越と共に衣文を多めに抜くのかどうかを仕立てる側に伝えることが望ましいでしょう。



コメントを残す