【寸法】身幅(後幅・肩幅)


着物の身幅は、胴回りの一番太いところを基準に決めます。
個人差もあるので、ヒップの人もいれば、ウエストだったり、太ももだったりします。

着物には、女並み(おんななみ)と呼ばれる標準寸法がありますが、
それによると以下の通りです。
・後幅 7寸5分
・前幅 6寸
和裁の教科書によれば、ヒップが84-90cmとなってますが、
ここは好みによるところもあります。

●茶道をされている方の身幅●
お茶をされている方は、胴回りの寸法より大きめに仕立てることが多いです。
その理由は、正座をしている時間が長く、膝部分で着物がはだけてしまわないためです。
全体的に、後巾も前幅も大きくする場合もあれば、前幅だけ大きくする場合、
通常のように抱き巾を狭めない場合など、個人の好みによるところもあります。

●スマート仕立て●
この仕立て方法は、腰部分から裾にかけて、身幅を少しだけ狭くする仕立て方です。
裾つぼまりに着易くなるという理由で選ぶ方もいらっしゃいます。



コメントを残す