【仕立事例】伊勢木綿の浴衣


早いもので、もう9月。ここ東京でも、夜は虫の声が聞こえます。
今日は先月仕立てた浴衣を紹介します。
isemomen-yukata2
今回仕立てたのは、伊勢木綿の浴衣です。
着用後、ご自宅で洗えるようにということで、
先に水通しをし生地を縮ませてから仕立てに入りました。
isemomen-yukata2残布のないギリギリの要尺だったので、お尻部分に新モスで居敷当を付けました。
柄合わせのポイントとしては、紫の菊が膝部分に来るように配置しました。
掛け衿には、衿芯を入れられる穴を作りました。
全体的に菊がきっちりと並び、古典的でありながらモダンでもある素敵な浴衣です。
isemomen-yukata3
まだまだ浴衣をお召しになる機会があるかもしれませんね。
お気に入りの一枚になりますように。

コメントを残す