【仕立事例】振袖襦袢


気づけば七月後半、関東の梅雨明けもそろそろですね。
さて、振袖襦袢ができあがりました。
振袖襦袢も普通の襦袢と同じように袖が無双袖になっていますが、004 無双袖の裏側の振りと袖口部分に色が付いている生地になっています。001袖を裏返すと、こんな感じです。
これは意図的に違う生地を用意したわけではなく、あらかじめ振袖襦袢反物に袖裏としてこのような生地が染められています。振袖襦袢にはよくありますが、普通の襦袢ではあまり見ません。
002
刺繍半襟を付けてできあがりました。振袖と合わせて華やかになりそうです。振袖襦袢

コメントを残す