【仕立事例】習い事用の付下げ


九月も下旬、そろそろ袷の着物に衣替えの季節ですね。
さて今日は、出来上がった付下げを紹介します。
tsukesage1
今回の付下げは、長らく反物で持っていた者の仕立てる機会がなかったというものでした。
八掛けなども一緒にお持ちいただきましたが、色が少し合わなかったので、
表に合わせて選び直しました。

tsukesage2

八掛けの色は、ご覧のように表地のモチーフと同じ色にして落ち着きのある感じになってます。
tsukesage3
付下げは、膝のあたりで柄がつながるだけで、
訪問着や色留めのような大掛かりな柄合わせはありません。
それ故、自分の寸法を変更して柄合わせをする、ということも少ないです。

習い事で着物を着るということで、たくさん着物をお持ちの方です。
お気に入りの一枚になりますように。

コメントを残す