月別アーカイブ: 2016年9月

【仕立事例】習い事用の付下げ

九月も下旬、そろそろ袷の着物に衣替えの季節ですね。
さて今日は、出来上がった付下げを紹介します。
tsukesage1
今回の付下げは、長らく反物で持っていた者の仕立てる機会がなかったというものでした。
八掛けなども一緒にお持ちいただきましたが、色が少し合わなかったので、
表に合わせて選び直しました。

tsukesage2

八掛けの色は、ご覧のように表地のモチーフと同じ色にして落ち着きのある感じになってます。
tsukesage3
付下げは、膝のあたりで柄がつながるだけで、
訪問着や色留めのような大掛かりな柄合わせはありません。
それ故、自分の寸法を変更して柄合わせをする、ということも少ないです。

習い事で着物を着るということで、たくさん着物をお持ちの方です。
お気に入りの一枚になりますように。

【見積もり中】洗張りから胴抜き仕立へ

朝晩、すっかり過ごしやすくなった気温の中で、リオ・パラリンピックの閉会式を見ていました。
ハンドオーバー、今回も素敵でしたね。
さて今回は、胴抜き仕立に検討中の洗張りを紹介します。araihari2

今回は洗い張りをした状態でお預かりしました。元々袷仕立だったものですが、
以前の八掛けと胴裏は今回は使いません。
そのかわりに、新しい八掛けと、
別の単衣についていた居敷当と裏衿を組み合わせています。
003
居敷当部分は、胴抜き仕立にした場合の腰回りの胴裏として、
裏衿は、広衿にするか、袖部分の振り部分の裏地として使うか、
今検討中です。
araihari3

こんな感じで、あっちの着物の裏地を、こっちの着物に付ける、というような方法も
普段着の着物では可能となってきます。
そう思うと、箪笥の中の着物ももう一度見直して見たくなりますね。
出来上がりをお楽しみに。

【仕立事例】「きせのさと」浴衣

昨日から近所のお祭りのお囃子が一日響いています。八幡様の秋祭りはどこか哀愁がただよいます。
さて、今日は先日完成した浴衣を紹介します。yukata2
今回仕立てた浴衣は、「きせのさと」の文字が入った浴衣。
残布をなるべく出して仕立ててほしいとの要望で、
居敷当は新モス(木綿)で付けることにしました。
yukata2-2
浴衣はバチ衿が主流ではありますが、
今回は裏衿をつけ広衿で仕立ててます。
広衿は衿の広さを自分で好みに変えられるという利点があります。

「きせのさと」文字を目立ちやすい上前オクミの膝あたりに配置しました。
yukata2-3

今日から始まる両国国技館の九月場所に着て行かれる、というお話でした。
贔屓の力士を、こうやって応援する方法もあるのですね。
楽しい一日になりますように!

【仕立事例】伊勢木綿の浴衣

早いもので、もう9月。ここ東京でも、夜は虫の声が聞こえます。
今日は先月仕立てた浴衣を紹介します。
isemomen-yukata2
今回仕立てたのは、伊勢木綿の浴衣です。
着用後、ご自宅で洗えるようにということで、
先に水通しをし生地を縮ませてから仕立てに入りました。
isemomen-yukata2残布のないギリギリの要尺だったので、お尻部分に新モスで居敷当を付けました。
柄合わせのポイントとしては、紫の菊が膝部分に来るように配置しました。
掛け衿には、衿芯を入れられる穴を作りました。
全体的に菊がきっちりと並び、古典的でありながらモダンでもある素敵な浴衣です。
isemomen-yukata3
まだまだ浴衣をお召しになる機会があるかもしれませんね。
お気に入りの一枚になりますように。