月別アーカイブ: 2016年6月

【寸法】袖丈

着物のお直しで多いうちの一つが、この袖丈です。
現在、標準として定着しているのが、1尺3寸(49cm)という長さです。
(背の大きさによっても多少の変動があります。)

アンティークやリサイクルの着物では、この1尺3寸以外のものも多々見受けられます。
背の大きめな方、若いお嬢さん、少しフォーマルな着物、だと長めにすることがあります。
逆に、背の低めな方、年配の方、普段着(どちらかというと生活着)、だと短めになります。
このような長めの袖丈や、短めの袖丈には、バランスを取るためにも、
好みで少し大きめの袖丸みが付きます。

●コート・羽織・襦袢の袖丈
着物は、襦袢や羽織・コートを重ねてお召しになるため、
着姿が美しくなるように、袖丈が以下のように変動します。
・襦袢袖丈・・・・・長着(着物)より-2分
・羽織袖丈・・・・・長着(着物)より-5分
(帯を締めると袖が上に上がるという理屈から短めにします)
・コート袖丈・・・・羽織袖丈より-2分



【寸法】身丈(背から・肩から)

着物の身丈とは、着物の長さを示しますが、二通りの表記の仕方があります。

一つは、背からの身丈
これは、背中心の衿の付け根から、裾までの長さです。

二つ目は、肩からの身丈。
これは、肩山から裾までの長さです。

同じ着物でも、測り方によって長さの表記が違うことになります。
これは、繰越寸法と衿付け込みという寸法がかかわってくるのですが、
繰越5分で、衿付け込み5分の着物の場合、背からの身丈が4尺の場合
肩からの身丈は4尺1寸になります。
同じ着物なのに、・身丈(肩から) 4尺1寸 ・身丈(背から)4尺 となるのです。
1寸は約3cmですので、ご自分の寸法がどちらかを知っておくと良いと思います。

お店によっても、測り方がまちまちです。
表記があいまいなお店もあるので、肩からか、背からか、確認することをおすすめします。

個人的な見解として、絶対ではないのですが、
リサイクル店など出来上がりの着物を置いてる店は「肩から表記」、
昔ながらの呉服屋さんは「背からの表記」
が多い気がします。

恐らく、着物を畳んだ状態で素早く測れるのが「肩から表記」だからではないかと推測します。



【お直し】裄(ゆき)と抱き巾

裄(ゆき)寸法は、袖幅と肩幅のことです。
この裄が長くなると、着物では胸部分の身幅「抱き巾」まで広くなってしまいます。
そうなると、細い体の方は特に、胸のところで生地があまってしまいがちです。
こうした場合の対処法としては、

  • 裄寸法(主に肩幅)を見直す
  • 袖付けを気持短めにして、着付けで脇にタッグを取る
  • 胸の部分に補正を入れる

があります。ちなみに下の画像は、肩幅を見直して袖付けを短くした場合です。

before

alterlation01

after



【仕立事例】アンティーク着物の仕立て替え

005
長めの袖丈・身丈の短いアンティーク着物を仕立て替えました。
・袖丈1尺7寸 身丈 3尺8寸 → 袖丈 1尺3寸 身丈 4尺1寸5分
・裏地の紅絹 → 白い胴裏
・裾汚れのあった八掛け → 天地替え(上下入れ替え)

004

雲わくが並んでいるように見えますが、途中で剥いでいる箇所があります。
帯に隠れる位置なので、おそらく問題はないと思います。
短かった身丈を長くし、紅絹の裏地も白くなり、大きく様変わりしました。
お気に入りの一枚になりますように

 



【仕立事例】木綿の単衣仕立

cotton-kimono
木綿の単衣を仕立てました。
ご自宅での洗濯を考慮に入れて仕立てた木綿の単衣です。
ご自宅で洗濯をする場合、違う素材の生地を使うとつり合いが狂います。
そのため、足捌きをよくするための正絹の居敷当と背伏せ布は付けませんでした。
また、洗濯による縮みを少し考慮し、身丈を若干長めにしています。遠目には無地のような単衣なので、帯によって色々な着方ができそうですね。
お気に入りの一枚になりますように。