top着物縫製室のこと |料金・ご注文納品までの流れ| ブログ |お問い合わせ 

●着物縫製室のこと●

着物縫製室は、2005年より品川区で着物のお直しと仕立てをしている工房です。
着物のお直しと仕立ての途中経過を、ブログで紹介しながら、
着物に対して同じ悩みを持つ方に向け、解決案を紹介してきました。
お悩みは例えば、こんなものがあります。
・通常より短めの反物から、裁断を工夫をして仕立て直す
・アンティークの袖丈の長い着物を現在の標準に仕立て直す
・胸の部分の身幅を狭く直す
・派手になった裏地の色を取り替えて仕立て直す
・難のある反物から難を隠して仕立てる
・長い羽織の裾が体に沿うように仕立てる
・成人式の振袖を婚礼衣装用に華やかに直したい
・・・
他にもまだあるかもしれません。
いろいろ解決方法を探っていけたら、と思います。
ご協力いただけたら幸いです。


2005年からのブログはこちら
ブログ

-------着物の構造------

着物はほどいて洗う「洗い張り」をすることにより、
また仕立て可能な反物の状態に戻すことができます。

着物が洋服と違うのは、直線裁ちであること。
着物は8枚の長方形で成り立っています。
着物が仕立て替え可能なのは、このような構造によります。

----自己紹介------
大高みさこ

1973年東京生まれ
女子美術短期大学グラフィックデザイン科卒業
1998年 和裁所にて国家検定和裁士2級取得
2000年 海外委託縫製会社にて、検品、クレーム直しを担当
2001年 都内アンティック着物店を中心に仕立て・お直し、時々着物販売員
2005年 着物縫製室をはじめ、現在に至る

趣味・・踊り一般



特定商取引に基づく表示| リンク個人情報の取り扱いについて

(c)2014 着物縫製室